かすみ草を着色!カラーかすみ草を作ってドライフラワーに

Florilege 青カスミソウ お花がある暮らし

真っ白で清潔感があり、とっても人気なかすみ草。

みなさん、最近、お花やさんやSNSなどでピンクや黄色、水色などのかすみ草のドライフラワーを見かけたことはありませんか?

自分でも作ってみたいけど…簡単にできるものなの?

今回は、かすみ草を簡単に着色し、ドライフラワーにする方法を紹介します!

spring yellow baby’s breath swag (イエローかすみそうスワッグ) | Florilege powered by BASE
florilegeのページにお越しいただきありがとうございます。《ご注文の際に必ずお読みください》※東京都(伊豆諸島、小笠原諸島)・北海道・長崎県(対馬市、長崎市高島町、五島市、南松浦郡、北松浦郡小値賀町、壱岐市)・鹿児島県(鹿児島郡、大島郡、奄美市、熊毛郡、西之表市)・沖縄県(八重山郡、石垣市、宮古郡、宮古島市、島尻...

かすみ草を着色する方法

そもそも、「かすみ草を着色する」とは、生花のかすみ草(白)に染色液を吸わせて、かすみ草の花を染めることです。では、実際に挑戦してみましょう。

準備するもの

*生花のかすみ草【白】(お花屋さんで年間通して購入できます)

*はさみ

*かすみ草を入れる容器(紙コップや瓶など)

*染色液(後ほど詳しく紹介します!)

手順

①容器に染色液を入れる。

②かすみ草を自分の使いたい長さに切る。

③かすみ草を染色液の中に入れる。

④花が染まるまで待つ。→完成!

染色液には、どんなものを使ったらいいの?


染色液

①植物専用染色液(リーフ液)

着色と同時に、自然とプリザーブドフラワーに変化させることができる優れもの!ただし、染色期間は1~2週間と長め。ホームセンター等で購入可能。200mlで2,000円前後。

②プリンタ用インク

プリンタ用の詰め替えインクは、100均で購入することができ、コスパは◎「とにかく、安く簡単に染色したい!」という方には、これがオススメ。

③食紅

食品なので、安心して使用することができます。小さなお子さんとチャレンジするときには最適。食紅を入れる量を変えて色の濃さを変えることができ、また、様々な色を混ぜ合わせてオリジナルカラーをつくることがもきます。

④万年筆用インク

家にある方は、こちらも染色液として使用することができます。

染色後は…

①のリーフ液を使用して染色した場合は、その後は、何もしなくてOKです。
②~④の染色液を使用した場合は、ドライフラワーにするための処理が必要です。根元をティッシュで包み、ひもなどを使って逆さにつるして、乾燥させましょう。時期にもよりますが、1~3日で完成です!

アトリエでも、手染めしたものを販売しています。

mini blue baby's breath かすみそうのスワッグ | Florilege powered by BASE
florilegeのページにお越しいただきありがとうございます。《ご注文の際に必ずお読みください》※東京都(伊豆諸島、小笠原諸島)・北海道・長崎県(対馬市、長崎市高島町、五島市、南松浦郡、北松浦郡小値賀町、壱岐市)・鹿児島県(鹿児島郡、大島郡、奄美市、熊毛郡、西之表市)・沖縄県(八重山郡、石垣市、宮古郡、宮古島市、島尻...

まとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2_5152cae88cb3dd51c58a6aa7a98fc4a3_583x585.jpg


いかがでしたか?特別な準備や難しい手順はありません!

自分でかすみ草を着色して、オリジナルドライフラワーを作って楽しんでみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました