【作り方レシピ】#7:韓国のお洒落な花束ラッピング方法をご紹介

作り方レシピ

こんにちは❀

今回は、SNSで注目を浴びている「韓国風スワッグラッピング」方法をご紹介します。

韓国風のラッピングは、フィルムやビニールで包む日本とは違い、

紙の包装紙を何枚も重ねて豪華に見せるのが特徴です。

それではラッピングしていきましょう!

準備する物

ラッピング和紙/エアリー包装紙/リボン/ワイヤー/はさみ

      

作り方

ラッピングのコツはきつく巻着込まないよう、ふんわりしたラッピングにしてみて下さい。

     

1.スワッグの大きさに合わせて和紙を切り、和紙を90°回して、半分の大きさに切ります。

同じものをもう1セット作ります。

2.次に、約20cmの幅で切り、90°回してまた半分に切ります

      

3.次に、エアリー包装紙を切ります。

約30cmの幅に切り、90°回して半分の大きさで切ります

 包装紙の用意は以上です。ラッピングに入っていきます。

   

4.最初に、エアリー包装紙を使います。角頭がM字になるように折り、

クシュクシュっとふんわり折りたたみます

    

5.スワッグの前側に2つ一緒におき、

ワイヤーをグルグル巻いて固定します

   

6.1で作った和紙を2枚重ねてスワッグを包みます

     

7. 6の上に1で作った和紙のもう1セットで包み込みます。

1枚ずつ、片端をS字のようにふんわり折りたたみ、 優しく包みます。反対側も同様です。

   

8.ワイヤーで止めます

   

9. 2で作った2枚の和紙をS字に折りたたみ、スワッグの前側におき、ワイヤーで固定します

    

10.最後に、リボンを巻いて完成です

       

     

   

まとめ

今回は、SNSで話題の韓国風のスワッグラッピングをご紹介しました。

和紙を何枚も重ねて、空気を入れるようにふんわり仕上げるのがコツです☺︎

ギフトはもちろん、インテリアとして飾るのも可愛いですね♡

      

ドライフラワー専門店が届けるかすみ草スワッグはこちら

ブルーだけではなく、レッド、パープル、イエロー、ピンクなどさまざまなお色をご用意してます。

お部屋のスタイルや雰囲気に合わせて自分だけのドライフラワー生活をお楽しみください⚘

royal blue baby's breath swag(ロイヤルブルーかすみそうスワッグ) | Florilege powered by BASE
florilegeのページにお越しいただきありがとうございます。《ご注文の際に必ずお読みください》※東京都(伊豆諸島、小笠原諸島)・北海道・長崎県(対馬市、長崎市高島町、五島市、南松浦郡、北松浦郡小値賀町、壱岐市)・鹿児島県(鹿児島郡、大島郡、奄美市、熊毛郡、西之表市)・沖縄県(八重山郡、石垣市、宮古郡、宮古島市、島尻...

コメント

タイトルとURLをコピーしました