About dryflowers

かすみそうをドライフラワーにしたい!簡単な作り方とアレンジ方法

  • LINEで送る
カスミソウをドライフラワーにしたい!簡単な作り方とアレンジ方法

ドライフラワーといえば、カスミソウを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

小さくて可愛い、儚げなカスミソウは、飾るだけでお部屋を素敵な雰囲気に魅せてくれること間違いなし!早速作り方をご紹介していきます♪

howtomaka-dryflower-kasumisou

実はとっても簡単に作ることができます

様々な種類のお花の中でも、カスミソウは特にドライフラワー向きのお花といっても良いでしょう。

ドライフラワーにしようとして、失敗してしまった経験のある方もいらっしゃると思います。梅雨時期など湿気の多い環境では途中でしおれてしまったり、お花の色や形が思うように綺麗なままドライにならなかったり…。

カスミソウは、お花が小さく乾燥しやすいので、ちょっとしたことに気を付けるだけで簡単にドライにすることができます。

また、好きな色に変えたりボリュームをもたせたり、アレンジの幅も広いお花です♪


早速作っていきましょう

今回は①ハンギング法②ドライインウォーター法の2つの方法をご紹介します。

ハンギング法

お花を吊るして乾燥させる方法です。最も簡単でスタンダードな作り方がこちらです。

①お好きな量のカスミソウを紐や輪ゴム等で束ねます。

②直射日光の当たらない、風通しの良い場所に吊るします。

③およそ2週間ほどで完成します。

吊るした形のまま乾燥するので、葉や花が干渉してしまいますとお花がつぶれたり茎が折れたりしてしまいます。あまり束ねすぎない方が良いでしょう。

ドライインウォーター法

お花を少量のお水に付け、ゆっくり乾燥させていく方法です。ハンギング法の次に簡単な方法です。

①花瓶等の容器に3cmくらいのお水を入れる。

②お好きな量のカスミソウを入れ、1~2週間様子を見ながら乾燥させる。

途中でお水を追加する必要はありません。あまり茎が長いと、曲がってしまいますのでご注意ください。


いろいろなアレンジ方法

①花束

howtomake-dryflower-kasumisou2

好きな量を束ねて、紙や布で包みリボンや紐で結べば素敵な花束になります。

小ぶりなお花なので、ミニサイズの花束にしてたくさん作ってもかわいいですよ♪

②ガーランド

howtomake-dryflower-kasumisou

少量ずつ紐で縛ったカスミソウをいくつか作り、麻紐にクリップで逆さに留めるだけで、お洒落なガーランドに。

カスミソウだけでなく、違う種類のお花や葉っぱも混ぜても素敵です♪


完成したら注意すること

ドライフラワーを長持ちさせるため、完成したものはできるだけ風通しの良い日陰に飾りましょう。

乾燥してからも、湿気が多く風通しが悪いところに飾っておきますと、水分を吸ってしまいカビやにおいが発生してしまうことがあります。お花を長く楽しむために、注意しましょう。


まとめ

今回は、カスミソウを「ハンギング法」と「ドライインウォーター法」でドライフラワーにする方法をご紹介しました。

とっても簡単ですので、お子様と一緒に作ることもできますね。素敵なお部屋のインテリア作りに、カスミソウのドライフラワーを是非添えてみてくださいね♪